360°見渡せる、宮崎体感ギャラリー

360°GALLERY

神門神社みかどじんじゃ

神門神社

神門神社(みかどじんじゃ)は、宮崎県東臼杵郡美郷町にある神社。祭神は大山祇神、百済の禎嘉王、倉稲魂命、品陀和気命(応神天皇)ほか。本殿は国の重要文化財に指定されている。養老2年(718年)の創建と伝えられる。
『神門神社縁起』によると、奈良時代中期の孝謙天皇天平勝宝八歳(756年)、660年に滅亡したはずの百済より政争を逃れたという王族の禎嘉王とその子の福智王が日向の海岸に漂着し、やがて禎嘉帝は神門の地に落ち着き、福智王は現在の木城町に住んだとされる。「益見太郎」または「益シ見ル者」の援助があり、父子はこの地で崇敬され、死後は神として祀られたという(詳細は後述)。
『三国史記』によると、756年は統一新羅・景徳王の時代で、この前後に災害が続き民が飢えたことが記されている。
日本側の記録『続日本紀』によると、天平宝字三年九月四日(759年)条に、以下のように記されている。
「近年、新羅の人々が帰化を望んで来日し、その船の絶えることがない。彼らは租税や労役の苦しみを逃れるため、遠く墳墓の地を離れてやってきている。その心中を推し量ると、どうして故郷を思わないことがあろうか。それらの人々に再三質問して、帰国したいと思う人があれば、食料を与えて帰らせるように。」

出典:wiki

撮影時期 /
2017年3月
所在地 /
宮崎県東臼杵郡美郷町南郷神門69-2
営業時間 /
-
駐車場 /
-
トイレ /
-

※記載の情報は2017年5月末時点のものです。最新の情報は各施設にお問い合わせください。