360°見渡せる、宮崎体感ギャラリー

360°GALLERY

那須家住宅なすけじゅうたく

住宅前

那須家住宅(なすけじゅうたく)は、宮崎県東臼杵郡椎葉村にある歴史的建造物。国の重要文化財。鶴富屋敷とも呼ばれる。江戸時代後期の文政年間(1818年 - 1829年)の建築と推定される。家屋前面に縁を設け、そこに仏間、客間、寝間、居間を横一列に配した横長の建物で、並列型民家と呼ばれるこの地方の代表的な形式である。桁行は25.09m、梁間は8.64mである。寄棟造の屋根は、もとは茅葺きだったが昭和38年(1963年)に表面を銅板で覆われた。昭和31年(1956年)6月28日に国の重要文化財に指定された。

出典:wiki

撮影時期 /
2017年3月
所在地 /
宮崎県東臼杵郡椎葉村大字下福良1818
営業時間 /
9:00~17:00
駐車場 /
近隣にあり
トイレ /
近隣にあり

※記載の情報は2017年5月末時点のものです。最新の情報は各施設にお問い合わせください。

2.住宅内

3.住宅内